脂肪吸引に関する疑問はすべて解決してから、施術に挑みましょう!以下を、参考にしてみるとよいでしょう。

  • おなかの脂肪吸引を考えています。ダウンタイムはどのくらいですか?

    脂肪吸引を施す箇所の中でも特に高い人気を誇る、お腹。お腹の脂肪吸引をする際は、吸引する範囲を選択することが可能で、ダウンタイムはその吸引範囲によって異なります。一般的には、2週間から3週間程度は、腫れが現れたり内出血を起こしたりすることがあるといわれています。そのときになって焦ることがないよう、念のため、3週間はスケジュールを空けておくと無難です。個人差もあるので、あくまでも目安として考えておくとよいでしょう。

  • 顔(頬)の脂肪吸引をしたいのですが、切らない施術方法はありますか?

    脂肪吸引にはいくつか種類があり、中には顔に利用できる「切らない脂肪吸引」もあります。たとえば、注射器を利用して行われる方法があり、手軽なうえに「肌の引き締め効果」も得られるため、人気を集めています。顔にメスを入れることなく、頬についた脂肪を効果的に燃焼させ、顔痩せを実現します。痛みが少なくダウンタイムもほとんどありません。美容外科によって提供している施術方法が異なるので、1度相談してみるのがオススメです。

  • 脂肪吸引後、妊娠や出産に影響はないですか?

    これを気にする女性は多いですが、妊娠や出産に悪影響を与えることはないので、心配不要です。脂肪吸引によって、体についた脂肪をごっそり吸引することが可能ですが、このときに吸引するのは体の「脂肪」のみです。体内の臓器や、筋肉までなくなってしまうということは一切ありません。しかし、あらかじめ腕の良い医師を選んでおくに越したことはないでしょう。お腹の脂肪吸引を受けるときは特に、医師選びに慎重になる必要があります。

  • 一度にどのくらいの脂肪吸引が可能ですか?

    1度に吸引できる脂肪の量は、箇所によって異なります。また、美容外科により差があることも。理想の体型に近づきたいがために、『取れるだけ取ってください』と医師にお願いする人は、意外と多いです。しかし、脂肪を取りすぎることで、体の健康状態に被害を及ぼしてしまうことがあるので、注意が必要です。他にも、体型バランスが崩れてしまう危険性があります。体のシワやたるみで悩まないためにも、医師の指示に従いましょう。

  • 入院は必要ですか?

    一般的には、脂肪吸引で入院するというケースは少ないです。しかし、美容外科や施術する箇所、もしくは患者本人の体調や状態などによって異なる場合もあります。全身麻酔によって体が動かなくなったため、1日だけ入院したという人もいます。ほとんどの場合、施術を受けたあとは自宅にて安静に過ごすよう、指示されるケースが多いといえます。中には、アフターケアのため、再度通院をお願いされることもある、と覚えておきましょう。

脂肪吸引のおすすめ美容外科

  • おすすめ

    品川美容外科

    品川美容外科は、駅から近い場所にあるため、通うのにとても便利な医院です。症例実績は400万件を超えており、これは、美容外科業界の中でも、非常に高いとされています。多くの美容整形を手掛けている品川美容外科…

    オフィシャルHP 美容外科紹介
  • おすすめ

    たかのビューティークリニック

    たかのビューティークリニックは、テレビや雑誌などで多数取り上げられています。そのため、1度は医院名を聞いたことがある、という人が多いでしょう。創業から20年以上、多くの患者から信頼を集めています。たか…

    オフィシャルHP 美容外科紹介

脂肪吸引おすすめ美容外科

脂肪吸引の人気施術

脂肪吸引の手引き 気になる 部分痩せ部位 脂肪吸引 Q&A

脂肪吸引用語集

脂肪注入法

脂肪注入法は、胸や頬など、ボリュームを出したい部分に自分の脂肪を注入する施術方法です。部分痩せと、バストアップなどが同時にできる、一石二鳥の施術です。1度に2箇所の美容整形ができるということから、多くの女性から注目されています。注入するのは自分の脂肪なので、アレルギー反応が起こりにくく、メスを使わずに外見を変えられるため安全性が高いです。また、見た目や触り心地がとても自然といった良い点があります。

このページのトップへ