二の腕

甘い物の食べ過ぎや運動不足は、二の腕が太くなる原因です。二の腕が太いと、半袖やノースリーブなどの二の腕を露出するファッションに躊躇してしまい、オシャレを存分に楽しめません。たくさんの脂肪が付いているにも関わらず、これを放置していると、脂肪がセルライトに変わってしまい、なかなか痩せられなくなってしまいます。二の腕の脂肪をなくしたいと考える人にとっておきの方法が、「脂肪吸引」です。たった数時間の施術を受けるだけで、自力で落とすことのできなかった脂肪を簡単に除去して、二の腕の部分痩せができます。施術は、麻酔をしてから行うため、眠っている間に終わります。手軽に部分痩せできるというのが脂肪吸引の魅力です。

  • おすすめ施術方法

    二の腕の脂肪を除去する方法の中で、より高い効果を得られるのが「ボディジェット」です。従来の脂肪吸引では、脂肪細胞だけを綺麗に取り除く技術は、あまり優れていませんでした。しかし、この施術は、ジェット水流を使用することで綺麗に脂肪細胞を分離できるので、筋肉や神経などの体の組織を傷つけることなく、脂肪吸引ができます。ジェット水流には、麻酔や止血剤も含まれているので、痛みや出血の心配をせずに施術が受けられます。

  • ダウンタイム

    二の腕脂肪吸引の術後のダウンタイムとしては、「腫れ」や「痛み」、「内出血」があります。ダウンタイム期間中は、痛みや腫れを和らげるために、施術箇所を圧迫します。仕事でパソコンを使うとき、キーボード入力だけでも痛みを感じる可能性がありますので、脂肪吸引後2、3日は、休暇を取ることが望ましいです。術後のダウンタイムを短くするためにも、ボディジェットなどの、あまり体へ負担がかからない施術を選ぶのが最適です。

  • 腫れ、痛み

    腫れや痛みは、吸引量が多いほど長期間続きますので、1ヶ月ぐらいは症状が続くことを覚悟しておきましょう。症状を和らげるためには、病院で処方される、内服薬などを服用することが最適です。しかし、夏場は、二の腕を露出する機会が多いため、腫れが目立ってしまう可能性があります。対策としては、脂肪吸引した後、袖が長めの服を着て施術箇所を隠す、もしくは二の腕を露出する機会の少ない冬場に部分痩せ施術を受けるのが望ましいです。

「ハーブ注射」でプチ整形感覚で痩せる!

クリニックでのダイエットで今注目されているのが「ハーブ注射」という施術です。ハーブや薬草が原料の薬液が、体本来の力を促進して脂肪を燃焼するという自然派な施術です。安全な上に値段も他の痩身手術に比べ安価なので、当サイトではダイエットしたい方にはまずハーブ注射をオススメしております。

ハーブ注射の詳細を見る

脂肪吸引のおすすめ美容外科

  • おすすめ

    品川美容外科

    品川美容外科は、駅から近い場所にあるため、通うのにとても便利な医院です。症例実績は400万件を超えており、これは、美容外科業界の中でも、非常に高いとされています。多くの美容整形を手掛けている品川美容外科…

    オフィシャルHP 美容外科紹介
  • おすすめ

    たかのビューティークリニック

    たかのビューティークリニックは、テレビや雑誌などで多数取り上げられています。そのため、1度は医院名を聞いたことがある、という人が多いでしょう。創業から20年以上、多くの患者から信頼を集めています。たか…

    オフィシャルHP 美容外科紹介

脂肪吸引おすすめ美容外科

脂肪吸引の人気施術

脂肪吸引の手引き 気になる 部分痩せ部位 脂肪吸引 Q&A

脂肪吸引用語集

ベイザ―

皮下脂肪を大量に除去することができる施術です。高周波を用いて脂肪を溶解し、それをカニューレで吸引していきます。筋肉や真皮にダメージを与えることなく、脂肪のみを除去できるので、デコボコのない綺麗な仕上がりが期待できます。比較的難しいとされていた部位の脂肪も、この方法なら綺麗に吸引することが可能です。皮下脂肪が少ない人でも施術を受けることができるというのも、ベイザー脂肪吸引ならではの特徴。値段は、部位により異なります。

このページのトップへ