おなか

ポッコリとおなかが出ることにより、体全体が太って見えてしまいます。暴飲暴食など続けることで、おなかはすぐに出てきてしまいますが、ダイエットをしても痩せるのには時間がかかってしまいます。『すぐにでも、おなかの脂肪をなくしたい!』と考える人に適した方法は、脂肪吸引をすることです。おなかは、面積が広いため、部分痩せの中でも特に効果を感じやすい部位といわれています。脂肪細胞ごと取り除くため、再び太る心配もいりません。術後約1、2週間は、腫れや痛みといった症状がありますので、しばらくは仕事や家事など休むのが理想です。おなかの部分痩せを希望する人のために、脂肪吸引の施術方法やダウンタイムなどを紹介します。

  • おすすめ施術方法

    おなかの脂肪吸引は、「ボディジェット」がおすすめです。おへその上や下、横など、自分の気になる部分のみの吸引が可能なので、部分痩せに最適です。切開する箇所は、おへそが一般的です。場合によっては、おなかと太ももの境目辺りを切開することもあります。どの方法で脂肪吸引を行うかによって、脂肪を吸引できる量が変わってきます。施術時間は、約3時間かかります。脂肪の量が多いおなかは、脂肪吸引の効果を実感しやすいです。

  • ダウンタイム

    脂肪吸引の施術をして約1週間後には、抜糸が必要です。それまでは、入浴を避けるのが好ましいです。術後は、「腫れ」や「赤み」、「出血」などの症状が出ますので、施術を受けて約1ヶ月は、ランニングなどの激しい運動を避けるのがベストです。術後、腫れなどの症状が治まったら、脂肪が硬くならないよう、適度な力でマッサージするのがおすすめです。医師の指示通り、アフターケアを続けて行うことで、綺麗に部分痩せできます。

  • 腫れ、痛み

    脂肪吸引をした後は、おなか周辺に、腫れや痛みといった症状が現れます。これらの症状は、脂肪の吸引量が多ければ多いほど強くなります。症状を和らげるために、術後しばらくは、ガードルなどでおなかを圧迫するのが望ましいです。また、美容外科で痛み止めを処方してもらえるので、それを服用し、痛みを和らげるのもよいでしょう。術後約1週間で、症状が落ち着いてきます。なるべく早く症状を抑えるには、安静に過ごすことが1番です。

「ハーブ注射」でプチ整形感覚で痩せる!

クリニックでのダイエットで今注目されているのが「ハーブ注射」という施術です。ハーブや薬草が原料の薬液が、体本来の力を促進して脂肪を燃焼するという自然派な施術です。安全な上に値段も他の痩身手術に比べ安価なので、当サイトではダイエットしたい方にはまずハーブ注射をオススメしております。

ハーブ注射の詳細を見る

脂肪吸引のおすすめ美容外科

  • おすすめ

    品川美容外科

    品川美容外科は、駅から近い場所にあるため、通うのにとても便利な医院です。症例実績は400万件を超えており、これは、美容外科業界の中でも、非常に高いとされています。多くの美容整形を手掛けている品川美容外科…

    オフィシャルHP 美容外科紹介
  • 高須クリニック

    30年以上の実績や高い技術力が認められ、多くの人に選ばれています。体に負担をかけない治療を目指し、高性能な機器を取り入れ、それぞれの悩みに合った治療を提供しています。美容外科を訪れる患者は、リピーター…

    オフィシャルHP 美容外科紹介

脂肪吸引おすすめ美容外科

脂肪吸引の人気施術

脂肪吸引の手引き 気になる 部分痩せ部位 脂肪吸引 Q&A

脂肪吸引用語集

メソセラピー

痩身治療のひとつで、メスを使わずに脂肪を除去できる方法です。脂肪吸引を1度も受けたことがない人や、部分痩せがしたいけどメスが恐くてできない人に最適な治療で、痛みがほぼありません。体に負担をかけない痩身術を目指している美容外科で、多く用いられています。注射器で成分を注入するだけで、脂肪が溶解され、排泄物とともに体外に排出されていきます。値段もリーズナブルで、仕事や家事で忙しい人でも気軽に受けることができます。

このページのトップへ