脂肪吸引の手引き

脂肪吸引できる量に限りがある

吸引できる脂肪の量は、「皮膚のたるみ」の程度で決まります。一般的な限度は4,000mlといわれていますが、これは人によって異なります。たるみが少ない場合は、多くて3,000mlの量を吸引することができます。たるみが多い場合は、脂肪を吸引することでたるみがさらに悪化してしまう可能性があるため、医師の診察が必要です。どちらの場合も、どの程度たるみがあるのか、脂肪の量はどの程度なのか、診察してもらう必要があります。

  • 医師によって量は変わる

    吸引する脂肪の量は、医師とのカウンセリング時に決めますが、医師によって差があります。皮膚のたるみ具合や脂肪の量は、体の部位や人によって異なるため、カウンセリングでしっかり比較することが大切です。脂肪を取り過ぎることでトラブルが発生する可能性があるので、医師の指示に従って施術を受ける、これが重要なポイントです。その際、治療後の仕上がりやダウンタイムも確認しましょう。そうすることで、満足する施術が受けられます。

  • 施術方法によって量は変わる

    「脂肪吸引」といっても、その種類は豊富にあります。用いる機器によって、吸引できる脂肪の量が変わるのです。脂肪を多めに取りたい場合は、医師と相談した上で、要望に合った脂肪吸引施術を選びましょう。どの施術でも共通している条件があり、それは「脂肪を取り過ぎない」ということです。脂肪を取り過ぎてしまうと、皮膚にたるみができてしまったり、肌がデコボコになったりすることがあります。必要以上に脂肪を吸引しないよう、注意が必要です。

  • 部位によって量は変わる

    脂肪吸引では特定の部位のみ施術を受けることが可能で、その部位は人によって様々です。吸引できる脂肪の量は、部位によっても差があることを覚えておきましょう。部位によって、脂肪の付きやすさなどが異なるのです。当然ですが、比較的脂肪が少ない部位なら、それだけ吸引できる量も少なくなります。太ももやおなかなど、脂肪が付きやすく、その量も多い部位なら、1度にたくさんの量を除去することが可能です。事前に、医師と相談しましょう。

脂肪吸引のおすすめ美容外科

  • おすすめ

    品川美容外科

    品川美容外科は、駅から近い場所にあるため、通うのにとても便利な医院です。症例実績は400万件を超えており、これは、美容外科業界の中でも、非常に高いとされています。多くの美容整形を手掛けている品川美容外科…

    オフィシャルHP 美容外科紹介
  • 湘南美容外科クリニック

    湘南美容外科クリニックは、クオリティの高い仕上がりを実現するため、整形大国の韓国を中心に、世界各国の医師と交流しています。積極的に海外研修に参加し、技術を取り入れているので、技術力は業界トップクラスで…

    オフィシャルHP 美容外科紹介

脂肪吸引おすすめ美容外科

脂肪吸引の人気施術

脂肪吸引の手引き 気になる 部分痩せ部位 脂肪吸引 Q&A

脂肪吸引用語集

内臓脂肪

内臓脂肪は、肺や肝臓など内臓周辺に付く脂肪のことです。原因は、「運動不足」と「過食」です。皮下脂肪に比べ、内臓脂肪は減らしやすいという特徴があります。しかし、内臓脂肪が増えることで、「高血圧」や「糖尿病」などの生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があります。内臓脂肪を減らす良い方法は、有酸素運動をすること。有酸素運動とは、長時間、無理なく続けられる運動のことで、ジョギングやヨガなどがそれにあたります。

このページのトップへ